読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生死ぬまで暇つぶし。

主にエロいモノや、映画・ゲーム・音楽のことを考えて呼吸してます。

何かと話題なワンオクの新作「Ambitions」を聴いたぞ!

音楽 感想

          http://www.oneokrock.com/wp-content/uploads/2016/11/Ambitions_H1_fix-e1479377906268.jpg

まずは一通り曲の感想を。

その後アルバム通しての感想を書いておきます。

1. Ambitions -Introduction-
アルバムの初めを飾る壮大なインスト。まさにアルバムタイトル「Ambitions」、彼らの胸に滾る熱望そのもの。

2. Bombs away ← 好き
グッドメロディーに、Takaの小気味良いボーカルが冴え渡る。アルバム屈指の名曲なのでは。

3. Taking Off
るろうに剣心でワンオクを起用した監督の最新作「ミュージアム」の主題歌に起用された曲。過渡期ソングその1。

4. We are
なぜかウチの母親がカッコいいと言っていた。母さん残念だけど俺は趣味じゃねーわ。

5. 20/20 ← 好き
アルバムの中で一際目立つアコギで幕を開ける一曲。サビ後の弾むようなドラムが楽しい。合間合間で挟まるアコギもアルバム通しての清涼剤。名曲。

6. Alwas coming back
ハイパージャパニーズウケチューン炸裂。

7. Bedroom Warfare
過渡期ソングその2ですね。多くは語りません。

8. Lost in Tonight
過渡期ソング堂々ナンバー3。この辺りで普段聴かずともワンオクのキャリアにおけるこのアルバムの立ち位置が分かってきた。

9. I was King
アルバムの中で最も分かりやすく壮大な世界観で展開される曲。ストリングスが方々で使われており、何かに挑もうとしている事が感じ取れる。しかし佳曲止まりか。

10. Listen (featuring Avril Lavigne)
アヴリル名前見なくなったと思ったらこんな所に。ぶっちゃけ日本人とネイティブの発音クオリティの差を見せつけられるだけの曲でした

11. One Way Ticket
ポップな雰囲気を纏ったパーティーっぽい曲。もっと振り切ってEDM風味にはできないのかな。どちらにせよ嫌いじゃない曲です。

12. Bon Voyage
終始リズミカルなサウンドで一貫した一曲。ハマる人にはハマりそうな曲ですね。

13. Start Again
正直ここまで聴いていると少し嫌になってくるのが、ワンオク普段聴かない人間の性か。曲の感想よりも、もう少し音楽性に幅をもたせてもいいのでは、というボヤきが出てしまった。

14. Take what you want (featuring 5 Seconds of Summer)
2曲目のコラボ楽曲。もうアルバム通して聴いてきた派手コーラスはお馴染みに。自分は5 Seconds of Summerは存じ上げないが、オーストラリアのポップロックバンドということで、少しワンオクとは違う音楽をやっているのかも。聴く気はないよ。ついでに両者ボーカルの声質が少し似ているような気がしなくもない。

◇ はじめに

まず個人的に、ONE OK ROCK(以下、ワンオク)のような音楽は、普段から聴くジャンルではない。彼らの出世作ではと思う「人生×僕=」に収録の「Clock Strikes」や「Be the light」などが好きでたまに聴く程度だという事をお見知りおきください。

YouTubeを結構頻繁にチェックする自分は、彼らがコンスタントにアップしていたMVを通して曲を耳にする事はあった。今作の中では「We are」「Taking off」「Bedroom Warfare」「I was King」がそれに当たるだろうか。やはり海外から発信されたMVという事で、曲は勿論、映像もガッツリ海外を意識したものに仕上がっていた。

◇ 多分ワンオクは今まさに過渡期

英語詞とはいえ、やはりまだどことなく邦的な詞の運び方をしている感が拭えない。Takaの発音にケチをつける気はさらさらないが、単語の選び方や曲への乗せ方、様々な点でワンオクの目指すものにはまだ行き着いていないと感じる。

それが上記のMV4曲で露骨に出てしまっているのではないか。どうもありがちな00年代の洋楽を聴かされている気分になってしまう。それよりむしろ「Bombs away」のようなクセになるフックの効いた曲が自分は好きだ。

正直彼らの音楽をほぼ聴いてない自分が言うのは筋が通らない。しかし強いて言わせてもらえば、彼らは今まさに過渡期にあると思う。

◇ インスタでの一件もあるけど頑張ってほしい

先日インスタグラムで、Takaが日本の一部ファンへ苦言を呈したことが話題になった。

内容は日本からの熱心なファンの2つの行動により、海外での活動の際に様々なストレスを感じているというもの。一方のすぐスマホを向けられるのは有名税として、もう一方の海外公演で最前列に日本人が居座る、というのは個人的に可哀想。

Takaは自身の文章で、彼らが「海外でライブする意味」をファンに向けて問うているが、それは勿論彼らの音楽を生で海外ファンに届けるためだろう。

拠点は海外とはいえ所詮日本のバンド。貴重な海外公演の場で現地のファンにもっと自分たちを好きになってもらいたい、自分たちの音楽を届けたい。これはたとえ音楽をやってない人間でも容易に想像できるアーティストの心情ではないだろうか。

日の丸を背負って立つ期待のバンド。あまり聴かないけど僕は応援してます。

 

 

リメイクするけど「FF7」をクリアしました。

ゲーム 感想

          f:id:temujin2301:20170126144317p:plain 

ちなみにラスボスパーティは「クラウドティファシド」。

先日偉そうに

「FF15」はぶっちゃけ神ゲー。 - 人生死ぬまで暇つぶし。

こんな記事を書いたのですが、そうです。

自分はFFは1015しかプレーした事がなかったのです。

というわけで今回はゲーム史に残る名作フルリメイク間近FF7についての感想です。

◇シナリオ……あれ?

まず結論から言うと、FF7は面白かった。

序盤こそ、ポリゴンキャラクターと2Dフィールドのミスマッチに苦労したが、次第にそれにも慣れた。さらに自分がプレイした「インターナショナル」には、セレクトボタンを押すと、フィールド上にキャラクターの位置や、フィールドの出入り口などを示すカーソルが出る機能が付いている。これは通常版プレイヤーからの意見により実現された機能だそうだが、非常に有用な機能。正直、この機能が無いとだいぶ辛い。

でも一言物申したいのは、本作のシナリオ

◯クリアしてもよく分からない。

まずFF7の話は、ぶっちゃけよく分からない

多分このゲームのシナリオを、一回クリアしてから、筋道立ててしっかり説明できる人は、ほとんどいないと思う。ゲームの途中で「前回までのあらすじ」的なまとめをキャラクターがしてくれる箇所があるが、それでも説明不足感が拭えない。

例えば、結局エアリスのかつての想い人は誰だったのか(ザックスだけど)。映像作品などを作って補完するのは勝手だが、やっぱりゲーム内で完結させてほしい。

FF15的な体質は、既に7の頃から開花していたというわけだ。

◇でもマテリアは楽しい!

FF7を語るうえで欠かせないのが、「マテリア」の存在。

戦闘だけではなくストーリーの本筋にも関わってくる要素で、このマテリアシステムが非常に良くできていたのが好印象だった。

通常のRPGのようにそれぞれのキャラクターに、決まった攻撃や属性が割り振られておらず、マテリアで好きなようにカスタマイズできるのが楽しい。また、マテリアの成長要素も、育成などが好きなプレイヤーにはウケると思う。

ちなみに自分は結局セフィロス戦もウェポン戦も、アルテマ+メテオ+ナイツオブラウンドをパーティに装着させて、アルテマみだれうち」を連発するだけだった。

◇結局、なぜ「FF7」は名作なのか

個人的には

「3Dの目新しさ」「たのしいマテリア」「魅力的な野村哲也のキャラデザ」

この三点が主な評価点ではないか、と思う。

当時としては画期的だった「3DのFF」。これは15における「オープンワールドのFF」にも通じるポイントなのではないか。そこに野村哲也氏の作り出すキャラクターが生き生きと動く様は、ゲームに今までにない没入感をもたらした。

正直、FF7でストーリーを褒める人がいたら、かなり節穴だと思います。

◇さて、リメイク版はどうなる?

www.youtube.com

全世界が注目するフルリメイク「FINAL FANTASY VII」。公開当時は分かりませんでしたが、ゲームのプレイ映像を見る限り、FF15の操作感を継承している感じがしますね。

戦闘もアクションRPGのようなスタリッシュさを見せていて、まず間違いなく、単なるコマンドバトルになることは無いのでしょう。

フルボイスを彩る声優陣は「AC」からとして、個人的に気になるのは「マテリア」の扱い。きっと普通に武器に装着して、魔法やステータス効果が発動する…といったモンハンにおける装飾品的な立ち位置になるのではないかと予想するが、そこは天下のFF開発陣。たしか北瀬佳範さんも、同じことはしたくないと言っていたし、革新的なゲーム体験ができるのだろう。

あと、この記事を書きながら色々検索している内に、リメイクが分作になる事を初めて知りました…バイオハザードのリベレーションズ2的な展開になるという事か。

これまでは思い入れのない過去作ということで、情報を能動的に追っては来ませんでしたが、今の自分は一FF7ファン。

ティファのおっぱいや、ティファのおっぱい。エアリスの可憐っぷりや、ティファのおっぱいに関する続報を、首を長くしてお待ちしてます。

 

 

杉原杏璃の映画「...and LOVE」が楽しみで、やっぱり杉原杏璃は猛烈に可愛い。

グラビアアイドル 映画 日記

世の中グラビアアイドルは星の数ほどいるが、その頂点に立つ「グラビアクイーン」の名を、あなたは知っているだろうか。

私は知っている。もう5年前くらいから。

            f:id:temujin2301:20170119202727j:plain

彼女の名前は杉原杏璃。グラビアだけでなく、テレビ番組などにも多数出演する有名グラビアアイドルなので、知っている御仁も多いのではないだろうか。

スレンダーなボディに、たわわに実るGカップ。その形の美しさはもちろん、彼女のキュートなマスクも素晴らしい。

ちなみに僕は前述した通り、約5年前にグラドルを題材にしたソーシャルゲーム(まだGREEやモバゲーが幅を利かせていた頃)で、彼女のレアカードを手にした時以来のファンだ。イベントに行ったりということは全くしなかったが、マイ画像フォルダにはいつも女神の微笑みを浮かべる杏璃ちゃんがいた。

そして色々お世話になった

そんな杉原杏璃だが、彼女が来る3月18日に、自身が制作・主演を務める映画を公開するのはご存知だろうか。題名は「...and LOVE」。自身の書いた自伝的小説を原作にした映画である。

              f:id:temujin2301:20170119203408j:plain

「PPAP」の古坂大魔王も出演。

4色のカラーエフェクトがかけられて、セクシーな寝顔を晒す杏璃。抜ける。

グラビアアイドルとして活躍する杉原杏璃グラビア界の裏側などを描いた自伝的小説を、自身の主演により映画化。グラビアアイドルとして成功をつかみとり、世の中の男性たちの注目を集めるようになったアンは、かつて心に刻んでいた「青い海のようなアイドルになりたい」という自身の思いを失っていることに気づく。男たちとの関係を重ねながらも、アイドルとして活躍をつづけるアンは、失ったものを取り戻そうとするが……。杉原が主人公アン役を演じ、人気読者モデルの鈴木勤やお笑い芸人の古坂大魔王、グラビアアイドルの森下悠里倉持由香、名バイプレイヤーの甲本雅裕らバラエティ豊かな共演陣がそろう。監督は「パーティは銭湯から始まる」の松田圭太

           (...and LOVE : 作品情報 - 映画.comより転載)

言うなれば、杉原杏璃の自主制作的な香りの漂う映画のようである。

ここからは、この「...and LOVE」についての自分の所見というか思いを書いていく。

杉原杏璃の相手役、W鈴木に殺意を覚える

この映画に関するニュースで、以前話題になったのが

eiga.com

こちらのニュース。タイトルの通り、杉原杏璃の相手役(2枠)を公募するという内容。

私は葛藤した。

このオーディション、一般人でも応募可能になっており、一部界隈ではだいぶ騒ぎになったのである。しかし世界は残酷だ。

グラビアアイドルの追っかけをするような輩に、劇場のスクリーン上映に耐えうるようなビジュアルを持つ人間は、まずいない。ぶっちゃけお茶の間のブラウン管も破裂する。

そうしてキモオタたちが応募を躊躇し、これまでの人生に無い葛藤を繰り広げる中、二人の男が相手役を射止めた

f:id:temujin2301:20170119204921j:plainf:id:temujin2301:20170119205737j:plain

イっ…イケメンだァーーっ!!!!

イケメンである。イケメンでしょう。イケメンだろうね。うん。イケメンだよ。

左の彼が鈴木勤(ごん)、右の彼は鈴木貴之。謎の鈴木縛りである。

ちなみに左の彼は、世界的カリスマきゃりーぱみゅぱみゅ」の元カレなんだとか。

きゃりーぱみゅ(ryに加えて、俺たちの杉原杏璃さえもモノにする…。何とも業の深い野郎である。

ちなみにゴン君の担当する役は、「アンリの恋人でSMが趣味だという20代のツバサ役」。貴之君は「アンリの体が目当ての30代半ばのカズマ役」だそう。

俺が演るならツバサかな。

◇この映画を最後に、杉原杏璃はほぼ確実にグラドルを引退する

        f:id:temujin2301:20170119211502j:plain

このように、万全の布陣で公開に臨む「...and LOVE」。

ちなみに杉原杏璃は昨年中に、「ラストトレカ」「ラスト写真集」の発売を終え、後はもう発売する杉原杏璃 Last Kiss 杉原杏璃ファイナルイメージ」というDVDの発売を待つのみとなっている。

お気づきになったろうか。そう、彼女が直近で出したすべてのグラドル商材が「最後」と銘打たれているのだ。

皆さま知る通り、グラドル三種の神器「DVD」「写真集」「トレカ」

これら全てを、彼女はもう手放そうとしているのである。

さらに、杉原杏璃という女性は、株式取引で稼ぎを得ている「株ドル」としても有名。

グラビアを引退しても蓄えはたんまりあるし、結ばれる男もいるに違いない。

一ファンとしてはあまりにも悲しいが、それが彼女の選んだ道。

それに彼女はもう34歳で、結婚して子供を産むにも、タイムリミットは迫っている。

◇それでも、やっぱり杏璃は可愛い

       f:id:temujin2301:20170119212527j:plain

たとえ主演映画で逆ハーレムを作っていようが、もうすぐ引退しようが、杏璃は杏璃

そのGカップは地球上に在り続け、ネットの海に漂う彼女のグラビアは、これから先、未来永劫に渡って世の男たちを虜にし続けるだろう。

芸能界引退、まではいってほしくない。なので、せめてグラドル引退にとどめてもらって、これからはタレントとして頑張ってほしい。

ただ、まだ引退は決まったことではない(ほぼクロだが)。

あわよくばAVデビュー、なんてこともあるかもしれない。

彼女の決意を聞けるその日まで、私はマイ息子と共に杉原杏璃という女性の心に一方的に寄り添っていたいと思う。

…………ふぅ。

 

【追記】

どうやら昨年末の時点で、杉原杏璃ちゃん自身から自らのグラビア活動についての発言があったようです。

杉原杏璃 グラビア活動一時中断へ「もうそろそろかな」 35歳の来年メドに (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース 

記事書く前にもう少し調べておけばよかった。でも僕の杏璃ちゃんへの愛は嘘では無いので、明日も明後日も私は杏璃で抜き続けます!

おわり

 

 

 

「FF15」はぶっちゃけ神ゲー。

ゲーム 感想

         f:id:temujin2301:20161231070013p:plain

ファイナルファンタジーXV」。

発売からかなり時間が経ちましたが、個人的な感想をちょっとまとめときます。

◇一新されたゲームシステムについて

今回のFF15では、従来のATBを脱し、世界的に流行と言っていいアクションRPGにシステムが刷新された。有名どころを挙げるだけでも、「スカイリム」「ダークソウル」「ウィッチャー」。特に「スカイリム」「ウィッチャー」に関しては、オープンワールド×アクションRPGという点でも一致している。(FF15は途上だが)

さらにFF15のアクションは、従来のFFファンのプレイにも耐える仕様になっていて、難易度が比較的低めに設定されている。(それでもエンドコンテンツは厳しい)

自分はFPSばかりしていて今までアクションRPGに触れた経験が無かったので、今作は新たなジャンルへの登竜門としても優れたタイトルだと思う。

 ◇細部はイマイチ、でも魂揺さ振るシナリオ

今作は発売直後から良くも悪くも大変な反響を呼んだ。その中身は様々だが、中でもウェートを占めていたのは「シナリオ」についての意見だったと思う。

まず大前提として、今作のシナリオには、描かれる三本の絆がある。

「父子の絆」「友との絆」「愛する者との絆」

一つ目は、レギスとノクティス、二つ目はノクティスとその仲間たち(イグニス、グラディオラス、プロンプト)。三つ目は、ルナフレーナとノクティス。

「父子の絆」や「愛する者との絆」を描いたシリーズ作品としては、名作と呼び声高いFF10が挙げられる。

父子に関してはジェクトとティーダ、愛に関してはユウナとティーダ。特に父子関係に関しては母親がだいぶ軽んじられているのも共通点かも。

世間一般のFFファンにしてみれば「10>15」となるだろうが、個人的には15の方が、10の3倍は面白い。何故か。

◯主人公を主人公たらしめる原因の重さの違い

主人公がなぜ主人公かというと、自分の命を賭して世界を救うから。

そこで10と15において、なぜ主人公たちが世界を救うことになったのか。

FF10:夢の世界に住む青年が、10年前に現実世界に飛ばされた父親の影を追って。

FF15:生まれた時から。

だいぶ短縮して要点を捉えられていないかもしれないが、どうだろう。FF15の方が悲劇的には映らないだろうか。

FF10ティーダが「たまたま父親が巻き込まれた」からなのに対して、FF15のノクティスは、生まれた時から「真の王としての使命」を背負わされているのだ。

確かに何の責任もないティーダが巻き込まれるのも可哀想(原因は父親が世界の脅威ってコトだけ)ではあるが、10は何となく因果関係が弱い気がしてしまう。

その点ノクティスは、世界の均衡を保つクリスタルに生まれながらに選ばれて、結果自らの命を犠牲にして世界を救う。哀しい。

◯でも、ディティールは確かにダメ

というわけで、FF15のシナリオの大筋は大変よく出来ているのだが(そもそも原案は同一人物なんだけれども)、特に批判される細部はダメ。

・延びきった開発期間。なのにDLCありきって…

今作では、旅の途中で仲間の一部(グラディオラス、プロンプト)が離脱する。

ネットでは専ら、ほぼクロではあるが、彼らが離脱している間のシナリオが、「エピソード◯◯」というDLCで配信されると言われている。自分も確定だと思う。

イグニスに関しては、オルティシエで彼が失明に至った理由が語られるようだ。

このDLCは、現在オンラインで配信されているシーズンパスを購入することで、配信されると入手することが出来るらしい。

しかし他にも細部の問題はある。

・可哀想なレイヴス

これは各所で言われていることだが、発売前のトレーラーでも存在感を発揮していたレイヴスの心理描写不足による扱いの酷さ。

彼はストーリーの序盤から終盤にかけて、非常に大きな心境の変化を経る。しかし、彼に関してはその変化についてほぼ描写がなされないのだ。

終盤ちょっと前あたりで、彼がルナフレーナと会話しているカットシーンが挿入されるが、正直これだけでは分かり辛い。気が付けばバケモノと化して、件の13章あたりで呆気なくやられてしまう。

シガイ化前に、彼の書いた手紙を読めるポイントがあるにはあるが、彼の心境の変化は何行かのテキストで描くレベルのものなのか、っていう。

・とりあえず発表されたアプデを迅速に!

FF15が批判を浴びた理由の一つには、発売直後にシレッと公表されたアップデートのロードマップの存在もあると思う。

FFXV アップデートロードマップ

~短期目標~

まず、チャプター13のゲームプレイの満足度をさらに高めます。そのために、指輪魔法の威力を大幅アップさせるなど、すでに多くの強化に着手しています。強化内容の詳細や提供時期については後日改めてお知らせします。

~中期目標~

ゲーム後半の演出を強化して、ストーリー体験の満足度をさらに高めます。例えば「レイヴスというキャラクターはなぜあの運命を辿ったのか?」が描かれたイベントシーンの追加などを予定しています。イベントシーンの追加には、ボイス対応と全言語へのローカライズ作業が発生するため、中期目標としてしっかり取り組みます。
計画の詳細は、決まりましたらお知らせします。

~長期目標~

ゲーム本編に登場した、重要キャラクター達をプレイアブルキャラとして使用できるようにします。また、オリジナルキャラを作成してゲームを遊べるようにする、アバターシステムの追加を検討します。
その他にも、プレイヤーの皆さんが長期にわたってFFXVを楽しめるような、様々なアップデートを積極的に続けていきます。

~その他~

クリア時のステータスを引き継いだままニューゲームで遊べるようにします。
低レベルクリア、無敵スーツなど、遊びの幅を広げる様々なアイテムを提供します。
フォントを拡大表示して、メッセージを読みやすくします。
報酬や実績付きのボス戦や、期間限定モブハントなど、ゲームをライブで楽しむためのコンテンツを提供します。

「何やねん、ふざけんな」という感想が出ても仕方がない。

発売前からYouTubeでニコ生まがいの動画を出し続けたり、発売前夜には内輪ノリの「前夜祭」を催したり。そんな暇があるのなら、もっとゲームを作り込めよ!

◇ゲーム全体を彩る下村陽子のサントラは素晴らしい

ここまでシナリオとシステムについて書いてきたが、ゲームにはそれらと同じくらい、場合によってはそれ以上に重要な要素がある。

それは音楽

自分はゲーム好きだし音楽も好き。しかしたとえ気に入ったゲームだったとしても、サントラにまで手を出すことは少ない。

そんな僕でも今作のサントラは買おうかな!と思った。結局買わなかったけど。

確かに"Apocaypsis Noctis"をはじめとした、情熱的で好戦的な楽曲も良い(事実下村さんはその点で評価が高いらしい)。しかし個人的に特に優れていると思うのは、序盤から終盤まで世話になるハンマーヘッドでの"Hammerhead"や、キャンプをする標に着くと流れる"Safe Haven"といった、言うなれば「セーブポイントBGM」。安心できる場所での楽曲これが素晴らしい

正直サントラは買いたいのだが、金のない身の上なのでその内レンタルが始まるのを首を長くして待ってます。

◇「FF16」に期待したいコト

FF15は日本では惨めな思いをしているが、海外では比較的高い評価を得ている。

開発費用も回収したとどこかで聞いたので、よっぽどスクエニの気が変わらない限り、FF16は発売されるはずだ。(その前に7リメイクなどが控えるが)

その時自分が期待したいのは、まず「リリース時の完成度」。

多分スクエニは、今回のFF15の反響から様々な反省点を拾っているはずなので、この点は是非次回に活かしてほしい。

そして「もっとオープンワールドに挑戦してほしい」。

今作のオープンワールドは、完成度は高く、世界観も設定も非常に作りこまれ、なおかつ一貫していて、レガリアでの移動がとても楽しいRPGにおいて移動が楽しいというのはトンデモないアドバンテージなのは言うまでもない。しかし本作では終盤になるとオープンワールドを離れ、リニア進行のゲームに変わるのが惜しかった。

オープンワールドゲー特有の、「箱庭で全てが完結する」醍醐味が無かった

今の技術の進歩スピードからして、FF16が出る頃には、おそらくゲームの技術は信じられない所まで高まっていると思う。もしかしたらVRもすり抜けているかもしれない。

その頃に、いまだオープンワールドが流行っているかは分からないが、もう一度新しい形で「オープンワールドのFF」を遊んでみたい

◇最後に

FF15は、オープンワールド×アクションRPGという海外市場を意識したコンセプトながら、その遊びやすさや作り込みの丁寧さは和ゲーの伝統を継承している。

ソーシャルゲーム市場でまきあげた資金を基に、是非次回も面白いゲームを作ってほしい。

頑張れスクエニ